何でも援助交際に利用できる

若い女性が割切り出会い探しで利用している人気サイト

Yメール

Yメール
  • 割切り出会い
  • 出会い探し
  • 無料登録OK

99

SWEET LINE

SWEET LINE
  • セフレ募集
  • 気軽な出会い
  • 無料登録OK

95

愛カツ

愛カツ
  • 恋人探し
  • 即出会い希望
  • 無料登録OK

93

FirstMail

FirstMail
  • セフレ募集
  • 恋人募集
  • 無料登録OK

90

ネット上ではミクシィやフェイスブックといったSNSサイトが人気で、多くの老若男女がそのサービスを楽しんでいます。そういったコミュニティサイトのひとつに「プロフィールサイト」というものがあり、特に若者たちの間の支持が高いようです。

利用者は女子学生が多く、サイトに自分のプロフィールを作成して掲示板に掲載し新しい友だちとの出会いを求めています。新しく知り合った相手とコミュニケーションアプリなどでコミュニケーションを取るようになるのですが、この方法であれば個人を特定することなく「友だち」になれるというわけです。

プロフィールサイトは友だち作りがメインに利用されていますが、中には援交掲示板のように「おじさんとの援助交際希望」といったプロフィールも見つけることができます。つまり、不特定多数の人間と知り合えることのできるものなら、どんなものでも援助交際に利用できるといえるのです。

特に、個人の特定が必要ないネット上のツールなら最適というわけです。インターネットは人々の暮らしにおいて、さまざまな功罪を生み出しているといえるのです。

技術の進歩と援助交際の関係

援交掲示板などが普及しているといっても援助交際は以前に比べると下火になったという意見があるようですが、それは間違っているように思います。一時は社会問題にまでなったくらいで、その対応として国を挙げてさまざまな規制が設けられました。

そのお陰で表面的には目立たなくなった感はあるかもしれませんが、まだまだ援助交際をする女性は減ってはいないのが現状なのです。それどころかいろいろなツールやシステムの発展により、以前より簡単・便利に誰もが援助交際に関わることができるようになったのです。

援助交際という言葉が使われ始めた頃、相手を探す手段としてテレクラなどが多く利用されていました。テレクラは今ではほとんど見掛けることはなくなりましたが、現在はパソコンや携帯電話といったインターネット関連のツールが利用されるのが主流なのです。

 そのひとつの出会い系サイトですが、本来は新しい男女の出会いを提供する場としてメル友や恋人探しをする人たちに高い人気を集めていました。今でも多くの人がそのような利用方法をしていますが、援助交際の相手を探すためにも活用されているという現状もあります。

援助交際をする少女に対して多くの人は眉をひそめ親のしつけが悪いなどと指摘しますが、それだけが原因といえるのでしょうか。少女たちの身体を求めるおじさん男性の存在がなければ、彼女たちはそのような行為に走ることもなかったのではないでしょうか。

援助交際では、おじさん男性より女性の方が割り切っている

そもそも、普通の恋愛ができるのであれば、おじさん男性は援助交際などしないはずです。彼女と仲良くすれば良い事ですから。
敢えて、援助交際をするおじさん男性は、失礼ですが女性に相手にされないタイプだと思うのです。「恋愛をしたいが、なかなか女性にモテない・・。援助交際なら相手になってくれるだろう。援交掲示板に登録してみよう」と考えるわけです。

女性としては、「あまり好みではない相手だけど、お金をもらえるならいいかな・・」と思って関係を持つのです。このような男女関係に「愛情」は存在していません。ただし、いくら援助交際とは言え、おじさん男性の気持は「このまま恋人として付き合っていきたいな」と思う事が多いようです。

たとえば、女性が喜ぶほどの金額を支払ったとします。女性は「この人はたくさんお金を出してくれるから、しばらく援助交際を続けて稼ごうかな?」と思うでしょう。おじさん男性としては、お金で女性を繋ぎ止めていたいと思うから、金額をはずむのだと思います。

本当にキッパリ割り切った気持ちがあるなら、わざわざ必要以上の金額を出さないのではありませんか?おじさん男性は、女性に恋ごころを抱いてしまったとしか思えませんね。いくらおじさん男性がお金をはずんでも、援助交際をする女性に期待をしても、どうにもならないのです。

おじさん男性の事を「お金をくれる相手」としか思っていないのですから・・。ひどい言い方ですが、「おじさん男性の事をお財布」のように考えていると思いますよ(笑)肉体関係を持つと、おじさん男性はメロメロになってしまう傾向があるようです。しかし、援助交際なのですから、女性に期待をするのはやめましょう。割り切って欲しいものです。

平常心を保って、援助交際をするのはどうですか?無理ですか?(笑)お金目当ての女性なのですよ。目を覚ましましょう。女性が恋愛対象に選ぶ相手は、大概、ルックスがそこそこ良いおじさん男性です。援助交際に愛情を求めていないのが女性です。

援助交際の相手は、ネット上以外にも存在する

男女交際と言っても、ネットで恋人を見つけた人もいたり、職場で恋愛をしたり、飲み会で気があったり様々あるでしょう。上記の交際は援助交際とは違う関係なのです。出会い系サイトで、恋人は作れなかったが、援助交際相手ならできた・・と言う人がいます。実は、援助交際は誰にでもできるとは限らないのです。

何しろお金が必要ですから・・。性欲を満たす為に、手っ取り早く援助交際をしたいと思うなら、ある程度の経済力がなくてはなりません。いつもお財布が悲鳴を上げているおじさん男性では、援助交際などできないと言うわけです。
出会い系サイトを利用して、経済的に困難な女性を探し、援助交際を持ちかけるパターンが一般的でしょうね。傍目には、援助交際の相手を探している事など、知られずに済むのがネットのメリットです。手軽な出会い系サイトに登録して援交掲示板のように利用するのは無理もありません。

出会い系サイトの相手と文章のやり取りをして、交渉が成立すれば援助交際はスタートできるのです。密かに援助交際をしたいと思うから、出会い系サイトの利用が多いのですが、実生活の環境によっても援助交際はできますよ。
性欲は充分あるが相手がいない、しかし、お金はある・・と言うおじさん男性なら、援助交際のチャンスはネット以外にもあります。コンビニで若い子が一生懸命バイトをしている姿を見た時、「あの子は、生活が大変だろうな」と感じるとします。お気に入りのコンビニとして利用しているなら、顔馴染になるはずです。

それは援助交際のチャンスかも知れませんよ(笑)もちろん、同じ職場内でアルバイトをしている若い子に目をつけてもいいのです。若い子はお金がないのが一般的ですからね。援助交際をOKしてくれるかも知れませんよ。要するに、財力があるおじさん男性なら、生活苦の女性を援助して、性欲を満せるチャンスがあると言う話です。
風俗店でお金をかけるのとは別ですが、援助交際で性欲を満たすには、
やはりお金がかかる訳です(笑)

援助交際の相手を自己紹介サイトで探す

ネットサービスもとても豊富になってきているのですが、何が目的のサイトなのか、どのような人たちが集まっているサイトなのかよく分からないサイトも結構ありますよね。

例えば自己紹介サイトがどのようなサービスなのかを知らないという人もいるのではないでしょうか?自己紹介サイトは自分のプロフィールを公開していたり、日常生活などを書いたりして、他の人たちとコミュニケーションを取っていくサイトとなっています。

リア友と交流をするために利用をしている人もいますし、ネットで友達を新しく作るために利用をしてる人もいます。本来であれば、健全な目的のサイトとなっているのですが、このサービスを悪用して援助交際をしようとしている人も結構いるのが実情なのです。

また、自己紹介サイトと称して、事実上援交掲示板のように援助交際の募集ばかりが書き込まれているような悪質なサイトもあります。掲示板やプロフィールを見ればすぐに分かるようになっており、金額やプレイ内容などといったことが書かれていることが多いです。
このようなサイトを利用して援助交際をする人たちは、自己紹介をしているように見せかけて、暗に援助交際募集をしているのです。例えば、プロフィールに普通に趣味を書いているように見えて、不自然に数字が書かれていたりするのですが、この数字は金額になっています。

援助交際をしている人には伝わるような隠語を使っているので、援交に慣れたおじさん連中を始め、分かる人にはすぐに分かるようになっているのです。

援助交際はなくなることはない?

援助交際は売春と同じものです。言い方を替えても、「おじさん男性がお金を支払って女性と肉体関係を結ぶ」という本質は何ら変わるものではありません。犯罪を「援助」だとか「交際」といったソフトでオブラートに包んだような表現に替えてしまい本質をぼやかしてしまったのは、全く愚かな行為といえます。

援助交際の問題点は、特に未成年者が行なうという点にあるといえます。そして現在は、スマホのコミュニケーションアプリなどのコミュニケーションツールを援交掲示板のようにして利用していることが多いとされています。
そのようなツールを使えば不特定多数の人物と手軽で簡単に繋がることができることから、援助交際に対して罪悪感が薄れているような傾向があるようです。援助交際に対してさまざまな規制を掛けてもそれは一時しのぎに過ぎず、多くはその隙間をすり抜けたりして相変わらず行なわれています。

売春という行為は何百年にも亘って世界中に存在し続けてきたものです。いくら規制や法律で取り締まっても、世の中に男と女がいる限りなくなってしまうことはないといってもいいのかもしれませんね。

援助交際はオイシイ仕事

援助交際をする女性はいっこうになくなる気配を感じさせません。一時は社会問題にまでなり、国や関連企業などが取り締まりや規制に乗り出したせいで一時的に収まった感がありましたが、また元の木阿弥状態です。

援助交際の金額の相場は人や状況によって異なりますが、少なくとも1万円以上を1時間や2時間程度で手に入れることができるのです。中には数万円を稼ぐケースもあるといいますから、一度経験してしまえば普通のアルバイトなどバカバカしくてやってられないというのが本音かもしれません。

昔は援助交際の相手を探すのが大変でしたが、今はインターネットの普及により携帯やパソコンで簡単に見つけることができます。また、ネットでの募集方法だけでも種類があり、援交掲示板を始め、最近はコミュニケーションアプリといったコミュニケーションツールを利用することも多く、このIDを使えば電話番号やメールアドレスといった個人情報を教えることなく連絡が取れるのです。

インターネットはほとんどの人が利用していますし、スマホの普及率も非常に高くなっています。若い子とエッチがしたいおじさんでさえスマホを愛用するケースが多いのです。つまり、誰でも簡単に援助交際に関われる環境を手に入れることができるという点が、援助交際をする人がなくならない要因のひとつになっているのかもしれません。

援助交際は儲かる!

お金儲けは大変です。ましてや女子高生ならできるアルバイトの種類は限られるでしょうし、一日中働いても稼げるのはせいぜい8,000円前後くらいなものでしょう。キャバクラなどの水商売なら結構なお金が稼げますが、未成年者は雇ってもらえません。
それに引き換え、おじさんと一緒にエッチする援助交際なら1、2時間もあれば2〜3万円程度が手に入ります。

難しいスキルや資格が必要なわけでもなく、カラダひとつあれば、誰にでも可能なのです。考え方によっては、女子高生ができるバイトとして最高のものといえるかもしれません。
違法な行為とはいえ誰かに迷惑を掛けるわけでもなく、自分自身の身体なんだからどう使おうと誰も文句はないはず…。そう考える女の子が多いのか、援助交際をする女子高生は全くなくなる気配を感じさせません。

また、インターネットの普及によって援交掲示板などを使って手軽で簡単に援助交際に関わることができる環境が手に入ることも、そんな現状に拍車を掛けているようです。得に利用されているのが出会い系サイトです。
新しい男女の出会いを提供するツールとして多くの人々がメル友や恋人、また結婚相手などを探していますが、援助交際の相手を見つけるために利用する人も少なくありません。

援助交際をする理由

援助交際の相手を探すのは援交掲示板や出会い系サイトが利用されるケースが多く見られます。一昔前なら、テレクラが最も一般的な方法だったのですが、今やテレクラ自体が廃れてしまいました。

出会い系サイトは本来メル友や恋人といった新しい出会いを提供するツールとして利用されていたのですが、やはり男女の出会いを提供するとなるとセックスがらみとしても有効であると考えられたのでしょう。現在パソコンや携帯電話はほとんどの人が所有しており、サイトを見ようと思うならただアクセスするだけです。

そしてサイトで援助交際の相手を求めることが、男女共本人にその気さえあれば手軽に簡単にできてしまうのです。
現在、本当に生活に困窮していてお金が必要だからという理由で援助交際をしている女性は果たしてどれくらいいるでしょうかほとんどは、ブランド品が欲しい、おいしいものが食べたい、旅行に行きたい、といった欲望を満たすためのお金欲しさが理由ではないかと考えられます。

1、2時間で数万円が手に入るのですから、普通に働いてお金を得るのはバカバカしく感じてしまうのかもしれません。しかし、お金だけが目的で始めた援助交際なのに、やがてそれだけの目的ではなくなってくることもあるようです。それは女性が、おじさん男性が自分を必要としていると錯覚をしてしまうケースなのです。
おじさん男性は単に性欲の処理をするための道具として接しているのに、女としての自分を求められているとの錯覚からはまり込んでいくことも少なくないといいます。

援助交際をする男と女

援助交際は売春行為なので、警察に見つかると違法行為として罪に問われます。しかし、その行為そのもので罪に問われることは滅多にありません。問題は18歳未満の女性と関係を持った際に青少年育成条例に違反してしまうことで、それが逮捕に繋がることがあるのです。

そうなった場合、おじさん男性なら社会的地位や仕事を失ったり、結婚をしていれば家庭不和の原因となって離婚という事態にもなりかねません。また、女性もさまざまな問題に発展し、生活が一変してしまうことも否めないでしょう。そんなリスクを冒してまで、なぜお互いに援助交際をするのでしょうか。

女性の場合、その理由のほとんどはお金です。1、2時間程度で数万円を手に入れられるような仕事は滅多にあるものではありません。女子高生ならずとも、社会人女性でも美味し過ぎる「仕事」として、一度行なってしまうとやめられなくなってしまうのです。

おじさん男性としても素人の女性とセックスができるということで、援交掲示板を軸に若い子と関係を持とうと多少のリスクは覚悟の上に高いお金を支払っているのです。お互い持ちつ持たれつの関係が援助交際といえるのでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ